カードローンの審査について

カードローンは必ず審査があります。これなしで貸してくれるようなカードローン(即日 カードローンはこちら)はありません。そもそも、高額の借り入れとなると、お金を貸すほうとしては何らかの保証人を求めるとか、何らかの担保を取るようにするのが普通です。保証人というのは、もし本人の返済が滞ったときに、代わりに返済を求めることができるような人です。

誰しも人の代わりにお金を返済するのを喜んでするような人はいないでしょう。その人によほどの信用があるとか、よほど信用している人でない限りは保証人にはなかなかなってくれませんから、保証人をしっかりと立てられるような人であればその人はそれなりに信用できる人だと判断するわけです。担保についても似たようなもので、もし返済が滞ったときにはその担保を取ることで返済にあてることができます。

よくある担保としては例えば不動産などがあります。ところがカードローンではこのような保証人も担保も不要です。となると、もしも返済が滞ったときにはどうすればよいのでしょうか。この答えはなかなか難しいのですが、一つだけ言えることは、保証人も担保もない以上、ローン会社としてはとにかく本人自身を当てにするしかないということです。言い換えれば、返済が滞ったりしかねないような人ではないか、ローン会社としてはしっかりと確認する必要があるということになり、この確認が即ち審査になるわけです。

具体的には、最も重要になるのはもちろん本人の収入です。収入が無ければ借りたお金の返済など毛頭期待できません。ですから、本人がどのようなところで仕事をしているか、どれくらいの収入があって、それは今後もそれなりに継続することが見込まれるのかということが大きな審査対象となるわけです。もちろん、世の中にはある程度の収入があってもお金の管理にルーズな人もいます。ですから、単に収入面だけが審査の対象になるわけではなく、お金にルーズではないか、今までに借りたお金の返済に遅れたことがないかなども審査対象です。