疎かになりがちなカードローンの返済方法についての考察

お金を借りる時ほとんどの方は、金利面や即日融資が可能かなど融資スピードに目が行きがちで、返済方法についてあまり考えていません。初めての返済日を迎えて、「しまった」と後悔する方も多いのです。そこで消費者金融や銀行カードローンの返済方法について考察します。まずカードローンの返済は、毎月1回その金融機関の約定返済日に口座振替にて自動的に引き落とされて返すのが一般的です。

これなら手数料が無料ですし、忘れることもなく便利です。また金融機関によっては、約定返済日を選択できるところもあります。この場合なるべく給料日のすぐ後を選択しておけば、残高不足で返せないという事態を防げます。延滞してしまうと、20%近い延滞金がかかる上、信用機関の履歴に傷が付いてしまいます。しかし家族に内緒で借りている方には問題が生じる恐れがあります。

なぜなら口座振替で返すと、通帳に金融機関名での引き落としがあったことが記録され、通帳を見た家族に借金がばれる恐れがあるのです。そのような方は、コンビニATMや提携ATMを利用すれば家族にばれずに返せます。大手の消費者金融なら自前のATMを所有しており、またメガバンクの傘下にもあり、親会社のATMを利用すれば手数料はかかりません。

ただし中小零細の消費者金融や地方銀行のカードローンでは、提携ATMの手数料はほぼ有料なので注意が必要です。返済の度に手数料が108円や216円かかるので、契約の前にATMの手数料が有料か無料かチェックしておく必要があります。なお提携ATMの手数料が無料の金融機関を紹介すると、レイク・オリックス銀行・三井住友銀行です。最後にほとんどの金融機関では、繰り上げ返済が可能となっています。例えばボーナスが多めに入ったので、10万円を先に返しておくなども可能です。カードローンの金利は日割り計算なので、1日でも早く、1円でも多く返せばその分利息が安くなるのです。


カードローンでお金を借りたときの負担を決める金利

金利は、カードローンで一番のポイントです。金利が低いカードローンを選べば、返済時に支払う利息が安くなります。そのため、借入をしても負担が少なく、返済で困る可能性が低いです。反対に金利が高いカードローンを選んでしまうと、返済時の利息が高くなります。その結果、毎月の返済が苦しくなり、生活に悪影響を及ぼす恐れが出てきます。

一般的に金利が低いのは、銀行のカードローンです。銀行の次は信販会社や流通会社とされ、消費者金融は高めとなっています。ですから、カードローンを利用するなら、消費者金融より信販会社や流通会社、銀行を選ばなければいけません。ですが、銀行の審査は非常に厳しく、誰でも利用できる状況ではありません。

借入のために申し込むと、審査で却下される可能性が高くなっています。基本的に銀行は、公務員や正社員でなければ利用できません。パートやアルバイトだと難しいので、その場合は信販会社や流通会社、消費者金融を選びましょう。しかし、銀行は貸金業者ではありませんから、貸金業法の適用を受けません。なので、無収入の専業主婦でも利用できる可能性があります。

専業主婦がお金を借りたいときには、銀行を選ぶと良いでしょう。カードローンの金利というのは、審査の難易度と関係しています。難易度の高い審査をクリアできた人は、返済能力が高いですから、融資する業者にとってはリスクが低いです。そのため、金利を低くしても、収益を上げることができます。反対に審査が緩いカードローンというのは、返済能力が低い人にも融資しています。

業者にとってはリスクが大きいですから、金利を高くすることによって、リスクを回避しているのです。ですから、銀行は審査が厳しい反面、金利が低いメリットがあるわけです。カードローンを利用するときは、有名な会社を選んでしまうかもしれません。ですが、知名度より負担の軽いサービスを選ぶ必要があるので、じっくりと比較して決めましょう。