短期的なキャッシングの利用・返済をお考えなら、リボ払いがお得?

キャッシングの支払いプランの1つであるリボ払いは、その複雑な仕組みを理解しにくいために結果的に多くの利息分を支払っていまうケースなど、よく知らない事で思わぬデメリットを生んでしまいます。 ですが、そんなリボ払いにも優位な点があります。 それは、繰り上げ返済が可能であるという事です。

繰り上げ返済とは、例えば10万円の借入に対して初月に1万円+利息分を支払えば残りの元金は9万円となりますが、これを翌月に一括で全て支払ってしまえるという形です。 つまり、キャッシングの利用が必要になった時点で、もしも2ヶ月・3ヶ月などの短期間で返済を終わらせる予定なのであれば、繰り上げ返済の出来るリボ払いを選ぶべきだと言えます。

そうする事により、例えば上記の例のように初月は設定額の支払いを行い、その翌月に全額を支払う場合、金利は初月分のみの支払いで済むため分割払いよりもお得なプランとなるのです。 また繰り上げ返済を行うタイミングは自由に選ぶ事が出来るため、もしも現在リボ払いを選んいて支払いが長期に渡り、その分の利息が多くなり過ぎてしまう事を知った方は、途中で一気に返す事を計画するのもより損をしない対処法として有効です。

では分割払いの方ではこのある時に一括で残りの元金を全て支払ってしまう方法は選べないのでしょうか? 実は分割払いでもこれを行う事は可能です。 しかし、途中で一括払いへの変更を希望した場合、ほとんどのキャッシング業者では会社との直接連絡が必要になり、手続きが少々面倒であるというデメリットがあります

また、その場合は元金+利息分から早期完済した分の「戻し手数料」というものを差し引いた金額を支払う形になります。戻し手数料=元の支払い総額よりも安くなった分と捉えて頂いて構いません。 この戻し手数料はキャッシング会社によって若干計算方法が異なるため、直接やり取りする中でいくらになるか確認が必要です。

そしてこれらとは別に早期完済手数料等を支払わなければならないケースが多いです。 つまり最終的な計算式は「元金+当初の利息分+早期完済手数料-戻し手数料」という形になります。 早期完済手数料についてもキャッシング会社によって異なりますので、途中で一括の返済に切り替えるという事については、リボ払いの方が簡潔な上に得をしやすいと言えます。 これが、リボ払いのメリットの1つなのです。