疎かになりがちなカードローンの返済方法についての考察

お金を借りる時ほとんどの方は、金利面や即日融資が可能かなど融資スピードに目が行きがちで、返済方法についてあまり考えていません。初めての返済日を迎えて、「しまった」と後悔する方も多いのです。そこで消費者金融や銀行カードローンの返済方法について考察します。まずカードローンの返済は、毎月1回その金融機関の約定返済日に口座振替にて自動的に引き落とされて返すのが一般的です。

これなら手数料が無料ですし、忘れることもなく便利です。また金融機関によっては、約定返済日を選択できるところもあります。この場合なるべく給料日のすぐ後を選択しておけば、残高不足で返せないという事態を防げます。延滞してしまうと、20%近い延滞金がかかる上、信用機関の履歴に傷が付いてしまいます。しかし家族に内緒で借りている方には問題が生じる恐れがあります。

なぜなら口座振替で返すと、通帳に金融機関名での引き落としがあったことが記録され、通帳を見た家族に借金がばれる恐れがあるのです。そのような方は、コンビニATMや提携ATMを利用すれば家族にばれずに返せます。大手の消費者金融なら自前のATMを所有しており、またメガバンクの傘下にもあり、親会社のATMを利用すれば手数料はかかりません。

ただし中小零細の消費者金融や地方銀行のカードローンでは、提携ATMの手数料はほぼ有料なので注意が必要です。返済の度に手数料が108円や216円かかるので、契約の前にATMの手数料が有料か無料かチェックしておく必要があります。なお提携ATMの手数料が無料の金融機関を紹介すると、レイク・オリックス銀行・三井住友銀行です。最後にほとんどの金融機関では、繰り上げ返済が可能となっています。例えばボーナスが多めに入ったので、10万円を先に返しておくなども可能です。カードローンの金利は日割り計算なので、1日でも早く、1円でも多く返せばその分利息が安くなるのです。