カードローンでお金を借りたときの負担を決める金利

金利は、カードローンで一番のポイントです。金利が低いカードローンを選べば、返済時に支払う利息が安くなります。そのため、借入をしても負担が少なく、返済で困る可能性が低いです。反対に金利が高いカードローンを選んでしまうと、返済時の利息が高くなります。その結果、毎月の返済が苦しくなり、生活に悪影響を及ぼす恐れが出てきます。

一般的に金利が低いのは、銀行のカードローンです。銀行の次は信販会社や流通会社とされ、消費者金融は高めとなっています。ですから、カードローンを利用するなら、消費者金融より信販会社や流通会社、銀行を選ばなければいけません。ですが、銀行の審査は非常に厳しく、誰でも利用できる状況ではありません。

借入のために申し込むと、審査で却下される可能性が高くなっています。基本的に銀行は、公務員や正社員でなければ利用できません。パートやアルバイトだと難しいので、その場合は信販会社や流通会社、消費者金融を選びましょう。しかし、銀行は貸金業者ではありませんから、貸金業法の適用を受けません。なので、無収入の専業主婦でも利用できる可能性があります。

専業主婦がお金を借りたいときには、銀行を選ぶと良いでしょう。カードローンの金利というのは、審査の難易度と関係しています。難易度の高い審査をクリアできた人は、返済能力が高いですから、融資する業者にとってはリスクが低いです。そのため、金利を低くしても、収益を上げることができます。反対に審査が緩いカードローンというのは、返済能力が低い人にも融資しています。

業者にとってはリスクが大きいですから、金利を高くすることによって、リスクを回避しているのです。ですから、銀行は審査が厳しい反面、金利が低いメリットがあるわけです。カードローンを利用するときは、有名な会社を選んでしまうかもしれません。ですが、知名度より負担の軽いサービスを選ぶ必要があるので、じっくりと比較して決めましょう。