カードローンの在籍確認で聞かれること

 

カードローンとは、決められた貸出限度額の範囲内で、カードを使い現金自動支払機によって貸付を行うことです。カードを発行するのは銀行以外に、信販会社やクレジットカード会社などが行っており、クレジットカードの機能の一部として借入が可能となるカードも存在します。現金自動支払機による借入という比較的安易な方法のため、若い年代の人たちに人気といえますが、気軽な気持ちで無計画にカードローンに手を出してしまうと、後々大事に至ることも考えられます。

カードローンを申請時には、必ず在籍確認が行われます。在籍確認とは、どこでカードを発行するにしても審査に必要となり、申告した会社に間違いなく勤務しているかどうかを電話で確認するためのものです。中には嘘の申告をしたりすでに退職している会社を申告したりする人もいるため、正確な審査を行うためにも必要な確認です。カードの発行会社は自社名を名乗って電話をかけ、在籍確認を行います。申請者の中には、会社の上司や同僚に怪しまれることを恐れ、違う銀行名を名乗ってほしいと希望する人もいるようですが、原則としてそのような希望には対応することができません。

在籍確認で質問されることは、もしも申請者本人が電話に出た場合は、申請者の氏名を確認するだけで終了することがほとんどです。他に追加で質問されるとしても、住所や生年月日程度の情報です。申請者が外出などで不在だった場合は、いつ頃戻って来るのかを確認して改めて電話をかけることが多いです。カードローンの審査による在籍確認だということを会社で知られてしまうと、周囲の目が気になるという申請者は少なくありません。カードの発行会社はデリケートな問題と捉え、細やかな気配りを意識しています。できる限り他社にはわからないように、在籍確認を行う努力をしている会社が多いです。申請者が注意すべきこととして挙げられるのは、申請時に嘘の申告を行わないことが何より重要です。