カードローンの審査について

カードローンは必ず審査があります。これなしで貸してくれるようなカードローン(即日 カードローンはこちら)はありません。そもそも、高額の借り入れとなると、お金を貸すほうとしては何らかの保証人を求めるとか、何らかの担保を取るようにするのが普通です。保証人というのは、もし本人の返済が滞ったときに、代わりに返済を求めることができるような人です。

誰しも人の代わりにお金を返済するのを喜んでするような人はいないでしょう。その人によほどの信用があるとか、よほど信用している人でない限りは保証人にはなかなかなってくれませんから、保証人をしっかりと立てられるような人であればその人はそれなりに信用できる人だと判断するわけです。担保についても似たようなもので、もし返済が滞ったときにはその担保を取ることで返済にあてることができます。

よくある担保としては例えば不動産などがあります。ところがカードローンではこのような保証人も担保も不要です。となると、もしも返済が滞ったときにはどうすればよいのでしょうか。この答えはなかなか難しいのですが、一つだけ言えることは、保証人も担保もない以上、ローン会社としてはとにかく本人自身を当てにするしかないということです。言い換えれば、返済が滞ったりしかねないような人ではないか、ローン会社としてはしっかりと確認する必要があるということになり、この確認が即ち審査になるわけです。

具体的には、最も重要になるのはもちろん本人の収入です。収入が無ければ借りたお金の返済など毛頭期待できません。ですから、本人がどのようなところで仕事をしているか、どれくらいの収入があって、それは今後もそれなりに継続することが見込まれるのかということが大きな審査対象となるわけです。もちろん、世の中にはある程度の収入があってもお金の管理にルーズな人もいます。ですから、単に収入面だけが審査の対象になるわけではなく、お金にルーズではないか、今までに借りたお金の返済に遅れたことがないかなども審査対象です。


疎かになりがちなカードローンの返済方法についての考察

お金を借りる時ほとんどの方は、金利面や即日融資が可能かなど融資スピードに目が行きがちで、返済方法についてあまり考えていません。初めての返済日を迎えて、「しまった」と後悔する方も多いのです。そこで消費者金融や銀行カードローンの返済方法について考察します。まずカードローンの返済は、毎月1回その金融機関の約定返済日に口座振替にて自動的に引き落とされて返すのが一般的です。

これなら手数料が無料ですし、忘れることもなく便利です。また金融機関によっては、約定返済日を選択できるところもあります。この場合なるべく給料日のすぐ後を選択しておけば、残高不足で返せないという事態を防げます。延滞してしまうと、20%近い延滞金がかかる上、信用機関の履歴に傷が付いてしまいます。しかし家族に内緒で借りている方には問題が生じる恐れがあります。

なぜなら口座振替で返すと、通帳に金融機関名での引き落としがあったことが記録され、通帳を見た家族に借金がばれる恐れがあるのです。そのような方は、コンビニATMや提携ATMを利用すれば家族にばれずに返せます。大手の消費者金融なら自前のATMを所有しており、またメガバンクの傘下にもあり、親会社のATMを利用すれば手数料はかかりません。

ただし中小零細の消費者金融や地方銀行のカードローンでは、提携ATMの手数料はほぼ有料なので注意が必要です。返済の度に手数料が108円や216円かかるので、契約の前にATMの手数料が有料か無料かチェックしておく必要があります。なお提携ATMの手数料が無料の金融機関を紹介すると、レイク・オリックス銀行・三井住友銀行です。最後にほとんどの金融機関では、繰り上げ返済が可能となっています。例えばボーナスが多めに入ったので、10万円を先に返しておくなども可能です。カードローンの金利は日割り計算なので、1日でも早く、1円でも多く返せばその分利息が安くなるのです。


カードローンでお金を借りたときの負担を決める金利

金利は、カードローンで一番のポイントです。金利が低いカードローンを選べば、返済時に支払う利息が安くなります。そのため、借入をしても負担が少なく、返済で困る可能性が低いです。反対に金利が高いカードローンを選んでしまうと、返済時の利息が高くなります。その結果、毎月の返済が苦しくなり、生活に悪影響を及ぼす恐れが出てきます。

一般的に金利が低いのは、銀行のカードローンです。銀行の次は信販会社や流通会社とされ、消費者金融は高めとなっています。ですから、カードローンを利用するなら、消費者金融より信販会社や流通会社、銀行を選ばなければいけません。ですが、銀行の審査は非常に厳しく、誰でも利用できる状況ではありません。

借入のために申し込むと、審査で却下される可能性が高くなっています。基本的に銀行は、公務員や正社員でなければ利用できません。パートやアルバイトだと難しいので、その場合は信販会社や流通会社、消費者金融を選びましょう。しかし、銀行は貸金業者ではありませんから、貸金業法の適用を受けません。なので、無収入の専業主婦でも利用できる可能性があります。

専業主婦がお金を借りたいときには、銀行を選ぶと良いでしょう。カードローンの金利というのは、審査の難易度と関係しています。難易度の高い審査をクリアできた人は、返済能力が高いですから、融資する業者にとってはリスクが低いです。そのため、金利を低くしても、収益を上げることができます。反対に審査が緩いカードローンというのは、返済能力が低い人にも融資しています。

業者にとってはリスクが大きいですから、金利を高くすることによって、リスクを回避しているのです。ですから、銀行は審査が厳しい反面、金利が低いメリットがあるわけです。カードローンを利用するときは、有名な会社を選んでしまうかもしれません。ですが、知名度より負担の軽いサービスを選ぶ必要があるので、じっくりと比較して決めましょう。


カードローンの在籍確認で聞かれること

 

カードローンとは、決められた貸出限度額の範囲内で、カードを使い現金自動支払機によって貸付を行うことです。カードを発行するのは銀行以外に、信販会社やクレジットカード会社などが行っており、クレジットカードの機能の一部として借入が可能となるカードも存在します。現金自動支払機による借入という比較的安易な方法のため、若い年代の人たちに人気といえますが、気軽な気持ちで無計画にカードローンに手を出してしまうと、後々大事に至ることも考えられます。

カードローンを申請時には、必ず在籍確認が行われます。在籍確認とは、どこでカードを発行するにしても審査に必要となり、申告した会社に間違いなく勤務しているかどうかを電話で確認するためのものです。中には嘘の申告をしたりすでに退職している会社を申告したりする人もいるため、正確な審査を行うためにも必要な確認です。カードの発行会社は自社名を名乗って電話をかけ、在籍確認を行います。申請者の中には、会社の上司や同僚に怪しまれることを恐れ、違う銀行名を名乗ってほしいと希望する人もいるようですが、原則としてそのような希望には対応することができません。

在籍確認で質問されることは、もしも申請者本人が電話に出た場合は、申請者の氏名を確認するだけで終了することがほとんどです。他に追加で質問されるとしても、住所や生年月日程度の情報です。申請者が外出などで不在だった場合は、いつ頃戻って来るのかを確認して改めて電話をかけることが多いです。カードローンの審査による在籍確認だということを会社で知られてしまうと、周囲の目が気になるという申請者は少なくありません。カードの発行会社はデリケートな問題と捉え、細やかな気配りを意識しています。できる限り他社にはわからないように、在籍確認を行う努力をしている会社が多いです。申請者が注意すべきこととして挙げられるのは、申請時に嘘の申告を行わないことが何より重要です。


キャッシングの実店舗の入りやすさをチェックする

何らかのお店を利用する時には、しばしば雰囲気が重視されます。入りやすい雰囲気になっているかどうか等は、案外と大きなポイントなのですね。当然ですが、入りやすい雰囲気になっている方が望ましいです。 ところでキャッシングでも、それが重視される事がしばしばあります。いわゆる無人店舗などでは、それがかなり重視される傾向があるのです。

そのタイプのお店の場合、目立つか否かが大きなポイントになります。目立ちやすい場所に立地しているお店よりは、むしろあまり目立たないお店の方が好ましいと考えられているのですね。なぜならプライバシーの問題があるからです。 そもそも融資商品を利用しようと思っている方々は、あまりその事実を知られたくないと思っている事が多いのですね。

親戚や友達の方々に、内緒で借りたいと思っている方々も多く見られるのです。 そして実店舗に入る姿を見られると、ちょっと困ると考えている方々も多いです。例えば街にある金融会社の店舗に入る姿を、職場の同僚に目撃されたとします。その場合は、同僚に対して借りている事実が伝わってしまうでしょう。もちろんそれは避けたいですね。 そして同僚に目撃される原因は、実店舗の立地が関係しているのです。比較的目立つ場所に立地しているお店の場合は、やはり目撃される確率が高い傾向があります。逆にあまり目立たない場所に立地しているお店の場合は、目撃される確率は比較的低いのですが。

このため人々はキャッシングの申込をする前の段階では、お店の状況を確認している事がしばしばあります。果たしてどのような場所に立地しているかを事前に地図などで確認して、入りやすさをチェックしている事も多いのですね。総じて、目立たない場所に立地しているかどうかが確認されている事が多いです。 ストリートビューなどを使えば、簡単にお店の雰囲気などを確認する事ができます。その融資商品の申し込みをする前に、それを用いている方々は非常に多いと考えられます。


もしも、利息がなかったら、借金の返済はかなり楽になる。

便利というものには、いろいろな解釈がありますが、やっぱりなにをするにもスムーズに、またスピーディーに事が運ぶのがいいですね。世の中がより便利に、より快適になって、暮らしも今よりはグーンと豊かになる。これが理想的と言えます。しかし、そう甘いものでもないようですね。 この便利というものを賢く使いこなすことが、まさに生活を豊かにする一つの方法とは言えないでしょうか。たとえば、キャッシングというサービスがありますが、今はかなり利用しやすくなってますね。どの会社の広告を見ても、手軽さ便利さ、そして早さなどを謳っている。それらは確かにキャッシングの最大のメリットになるのですが、ちょっと使い方を間違えてしまえばとんでもないことになってしまう。

だからこそ、融資を受けるときには確実な計画が必要なのです。キャッシングは急な入り用の際に、必要なだけお金を都合してもらうという便利さがありますが、そこには収入の見込みがないといけない。これなら確実に返せるという確かな見込みが条件になるのですね。キャッシングで失敗する多くの理由は、どうもこの辺がいい加減になってることが多いようです。

キャッシングの返済に関してぜひとも考えたいのは、利息というものです。昔から借金で首が回らなくなる主な理由は、この利息にあったのですね。もう、とっくに元金は払い終わったのに、利息までお金が回らない。そして、借金地獄に陥ってしまう。これは最悪のパターンだと言えます。もしも、この利息がなかったら、借金の返済はかなり楽になりますね。でも、それがあるのです。

現在、キャッシングサービスを提供してる会社は多いですが、そんな中でも無利息期間を設けているところもあるのです。たとえば、15日とか30日以内に返済できるのであれば利息はとられない。どうでしょう。かなり魅力的なサービスではありませんか。もともとキャッシングというサービスは、短期返済型の融資という意味合いが強いですから、それほど多くの金額を借りるわけではありませんよね。だから次の給料日には全額返済できる、そういうときに利用するのが一番です。間違えても返せないような額を借りてはいけません。


契約だけ済ませてキャッシングは保留でも可能

自分自身のお金は幾らあるのか、調べて数えてみると、将来が心配になる時があります。このまま大きく増やせる自信も無く、もしもの時に、誰かにお金を借りないといけない時もあるでしょう。誰かが困った時に、お金を貸してくれる人は居ないかと周囲を見渡してみても、もしも誰も居ないのであれば、益々不安になって来ます。自分はこの数えた預金が無いと、もう生きて行けないのでは無いかと、恐怖に思えたりします。しかし、誰にも借りるあてが無いからと落胆しないでも、お金を貸してくれる業者があるのです。それはキャッシング業者です

収入があって、返済可能な人へなら個人的にお金を貸してくれるのです。誰も貸してくれるような頼りに成る人が居ない人も借りれます。キャシング業者は、保証人が要らないのです。だから、たった一人でお金を貸して欲しいと申し込んで、融資をして貰える便利な企業だと言えるのです。そのキャッシング企業は、申し込みをして審査を受けてその審査が通ったのなら、契約を交す流れになっています。そして急ぎなら振込したり、すぐにカードを受け取ってお金をいつでも引きだせる状態にしてくれます

キャッシング業者の利用限度額は、1万円から300万円までとか、大きな金額が書かれていますが、これはそれ程大きな金額は借りれないと思います。何故なら、借りる本人の年収に寄って利用限度額の金額が査定されるからです。そのお金を引き出す限度額は個人の審査の査定によって、それぞて金額がバラバラなのです。だから申し込みをして一応借入希望金額を言うのですが、審査をしてもらうまでは、自分自身は幾ら借りれるか解りません。そしてその借りれる金額を提示され、納得が行けば、契約をします。この契約後にすぐにお金を引き出す必要はありません。必要な時に利用すれば良い訳で、1万円からっと書いているので、契約はしたものの、たった1万円だけ借りる人もいますし、他には、今すぐ使わないので、利用しない人も居るでしょう。こんな風に、契約だけ済ませてキャッシングは保留と言う使い方もあるのです。


キャッシングは計画的に行なわれないと痛い目にあう。

最近、あちこちでカードローンキャッシングという言葉を耳にすることがあります。テレビでもラジオでも、また町中の広告でも、そういう言葉は頻繁に使われていますよね。もちろん、インターネットでも目にします。これはもう、誰でも分かっていることでしょうが、いわゆる借金ですね。当然のこと、借りれば返さないといけない。この返済のことをしっかりと考えずに借りていれば、目も当てられないことになるわけです。

ここに明るい情報があります。それは信用というもの。確かにこのキャッシングなどというものは借金に他ならないのですが、それは昔ほど暗いものではないということ。と言うのは、もしも返済が思うようにいかなくなってしまったとき、昔なら怖いお兄さんたちが強引に取り立てにきたものです。でも、今はそういう話はあまり聞きません。これは法的にもシステム的にも、昔と今とではかなり変わったことがあげられます。

今のキャッシングというものは、いったいどういったものかと言うと、もちろん、無担保で保証人も必要なく、あくまでも個人の信用で融資を受けることができる。これはキャッシングの大きな利点となるでしょう。また、キャッシングには銀行系や消費者金融系など、いろいろなものがありますが、特に消費者金融系のキャッシングはスピーディーな融資が注目されています。申し込みから審査、そしてその結果や実際の融資まで、ものすごく早いのですね。これはかなり便利です。

やっぱりキャッシングのいいところは、手軽で簡単、そしてスピーディーに限るんですね。でもその分、利息と言うものが銀行系のキャッシングよりも少しばかり高めに設定されていることもある。ここは融資を受ける前にしっかりと調べておかないといけないでしょうね。キャッシングは計画的に行なわれるものですから。そうしないと痛い目にあうことになります。 借りる前に返済のことを考える。これはキャッシング、いや、あらゆる借金の条件になります。そう言い切ってもいいと思います。


短期的なキャッシングの利用・返済をお考えなら、リボ払いがお得?

キャッシングの支払いプランの1つであるリボ払いは、その複雑な仕組みを理解しにくいために結果的に多くの利息分を支払っていまうケースなど、よく知らない事で思わぬデメリットを生んでしまいます。 ですが、そんなリボ払いにも優位な点があります。 それは、繰り上げ返済が可能であるという事です。

繰り上げ返済とは、例えば10万円の借入に対して初月に1万円+利息分を支払えば残りの元金は9万円となりますが、これを翌月に一括で全て支払ってしまえるという形です。 つまり、キャッシングの利用が必要になった時点で、もしも2ヶ月・3ヶ月などの短期間で返済を終わらせる予定なのであれば、繰り上げ返済の出来るリボ払いを選ぶべきだと言えます。

そうする事により、例えば上記の例のように初月は設定額の支払いを行い、その翌月に全額を支払う場合、金利は初月分のみの支払いで済むため分割払いよりもお得なプランとなるのです。 また繰り上げ返済を行うタイミングは自由に選ぶ事が出来るため、もしも現在リボ払いを選んいて支払いが長期に渡り、その分の利息が多くなり過ぎてしまう事を知った方は、途中で一気に返す事を計画するのもより損をしない対処法として有効です。

では分割払いの方ではこのある時に一括で残りの元金を全て支払ってしまう方法は選べないのでしょうか? 実は分割払いでもこれを行う事は可能です。 しかし、途中で一括払いへの変更を希望した場合、ほとんどのキャッシング業者では会社との直接連絡が必要になり、手続きが少々面倒であるというデメリットがあります

また、その場合は元金+利息分から早期完済した分の「戻し手数料」というものを差し引いた金額を支払う形になります。戻し手数料=元の支払い総額よりも安くなった分と捉えて頂いて構いません。 この戻し手数料はキャッシング会社によって若干計算方法が異なるため、直接やり取りする中でいくらになるか確認が必要です。

そしてこれらとは別に早期完済手数料等を支払わなければならないケースが多いです。 つまり最終的な計算式は「元金+当初の利息分+早期完済手数料-戻し手数料」という形になります。 早期完済手数料についてもキャッシング会社によって異なりますので、途中で一括の返済に切り替えるという事については、リボ払いの方が簡潔な上に得をしやすいと言えます。 これが、リボ払いのメリットの1つなのです。