ドル高がすっかり消失し、弱かった豪ドル円が高値圏に来ていた

By: Holly Golabek

現在夜の9時。ニューヨーク時間になりました。確認すると相場の様子が変わっていました。東京時間に下落幅トップを飾った豪ドル円はいつの間にか下落がスタートする前の水準に戻っていました。人民元2日連続切り下げによる下落できのうに引き続き1円以上下げました。欧州時間序盤で見たときは90.80辺りで、本日最安値から40PIPS程戻した水準です。ここでパソコンを閉じて一旦相場観察を終了させました。夕食を食べてから地元のお祭りに出かけていたもので、細かい変化は把握できていません。

帰ってきてSBIFXトレードで現在の相場をチェックをすると、91.61にいたので、これは下落する前の水準まで戻っているってびっくりしているんです。豪ドル円、戻してくるとは思わなかった。どうせ、また下攻めしてるって思ってました。この変化は全く想像してなかったことなので正直嬉しいですね!人民元の2日続いた切り下げが終了して豪ドル円は動揺がおさまったのでしょうか。明日の東京時間はどう動くのかな?2日連続で日経平均、オセアニア通貨は下げました。

まさか3日連続で荒れるなんてことはないよね?もう人民元の切り下げは今日でしばらくはきっとないんだ。だから大丈夫!こう思わないと安心できない。豪ドル円がいつ戻してきたのか?チャートで確認しました。上昇が強まったのが19時30分。5分足で大陽線が出ていたので、この時間帯に勢いが付いたことが確認できました。19時30分以降のチャートは、綺麗にサポートが聞いている上昇トレンド。21時までには91.30まで到達していました。

欧州時間からニューヨーク時間にかけて回復してきたのです。どうして回復したんだろう?米ドル円のレートを確認すると、東京時間のドル高はすっかり消えてなくなり、ドル安の流れになっていることが判明。チャートを見比べると米ドル円は豪ドル円とは逆の動きをしていることに気づきました。つまり、米ドル円が弱くなったことが豪ドル円の立ち直りのきっかけだと思います。東京時間に125.28まで高値を更新した米ドル円は、ニューヨーク時間では124.09。

標準

長い間、待っているものの、やってこないポジション

By: Nick Kenrick

FXでとんでもなく良いポジションがあって、それは唯一大勝したときです。もうすでに決済してしまって、手元にはありませんが、仮に決済していなかったらいまだにそのポジションは存在しています。かれこれ何ヶ月経過していることか、もしかすると半分ぐらい一生ものかも?!と思えるものです。

こういうのが、欲しいです。しかし、なかなかそういうのにはならないし、いつ来るかわからなくて、何年後とか、かなり長いスパンで考えなければいけません。ウォーレンバフェットみたいに長期のプランで投資しなければ、こういうふうにはならないです。

長い間、ポジションを持っていられるというのはある種の努力のたまもの、なのかもしれません。相場が変動するなかで、運よく乗っかる必要があるし、その後も先行き不透明な中で建玉を維持していかなくてはいけません。割り込むとロスカットのリスクが伴います。

以前持っていたポジションは、われながらラッキーと思いました。長期間維持するつもりでした。それをひょんなことから維持できなくなってしまった、これがしくじりです。しくじって以来、いまだにそのポジションにいたっておらず、売買できていません。なかなか到達してくれないですが、あのポジション(値)を忘れることなく、ずっと待っています。待てども待てども、まだやってきません。いつになるのか、果てがなくて困っています。

もしかして、あと2年経っても、やってこないかもしれません。そうなると、本当に大事なポジションを捨てたようなもので、余計に悔やまれるところです。FXは取引通貨が少ないからポジションに関しては限界がありますが、株であれば数百、数千の銘柄があって、たくさんの長期プランを考えられるのは、株が有利なところです。それにもめげずにFXのメリットを考えるなら、国際的な視野に立って取引できることです。たとえば、ドル円のレートについて、アメリカ、日本、影響を与える諸外国の政治、経済の状態を勘案しての取引となって、少なからず詳しくなれます。

標準

ナンピンをすることによって大損をしてしまいます

By: Leonid Mamchenkov

FXの取引をして利益を出すためにはどのようなことが大切になってくるのかというとそれは大きな損失を出さないということです。一見この投資はハイリターンを得ることができるということからできるだけ大きな利益を出すことが重要だと考えてしまう人が多いです。確かに大きな利益を出すことができれば、それだけトータルでも勝てる可能性が高くなるので、大切なことではあると言えますが、それ以上に損失の額を少なくすれば、普通に利益を上げるだけでトータルで上回ることができて、お金を稼ぐことができます。

そして大きな損失を出したくないという理由から取引をするにおいてナンピンをしてしまう人も結構います。ナンピンとはエントリーをして為替の値が逆の方向に行ってしまった場合において、さらに買い増しをしたり、売り増しをすることを言います。このようなことをすると持ち値を多少良くすることができるので損失の額を抑えることになるように思えるのですが、一般的に為替の値は一定の期間の間は継続して同じ方向に動くことになるのでさらに損失を拡大してしまう可能性のほうが高いです。実際このような取引をして損失をどんどん大きくしてしまい、あげくの果てには取引口座に預けた証拠金の額も足りなくなってしまい、そのまま相場から退場を強いられてしまうことも少なくありません。

そのためFXの取引をする場合には基本的にナンピンをするべきではないと言えます。それではこのような場合はどのようにして取引をすればいいのかというとエントリーをする際にあらかじめ定めていた損切りポイントに為替の値が到達してしまったら、素直に損切りをすることが大切です。これによって損が出てしまうことになりますが、それほど大きな損失を出すわけではないので、十分に挽回することも可能です。

また1回の取引だけを見るのではなく、すべての取引をトータルで考えればその時の損切りは対したことではありません。相場の格言にもまずは相場に生き残り、その後利益を出すことを考えるようにとありますが、まさにこのことが当てはまると言えます。

標準

一足早い休憩。東京時間午前の変動にやられた

By: Osamu Kaneko

15時になる前に一足早い休憩を取っています。東京時間午前に人民元の大幅安のおかげで、ドル高となり米ドル円以外のクロス円は下げました。急な下げ方をしたので驚いてしまい、それで疲れました。見ていてもよくわからないので、それなら早めに休もうということです。株式市場がスタートしたときと今では日経平均の状態がガラッと変わりました。自分の気持ちまでもです。日経平均は3桁プラスで始まり、現在は200円超えの下げ。

そして私の心境の変化は、日経平均が3桁でスタートしたときは一安心。思っていたよりも豪ドル円が堅調だったことで欧州時間のトレードを視野に入れました。チャートを見るとすでに上昇していたので、もう少し待っていると押し目を作るかなと思いました。私の心は期待感で溢れていました。ところが、安心させてもらったのは1時間だけ。10時を過ぎるとすべての時間足に大陰線が出現。上げが一瞬で吹き飛ばされたことを物語るチャートになっていました。

肩の力が抜けて、頭の血流は急速に低下。東京時間、安心させてもらえない。日経平均の動向に気を使い、中国株の動向、発表される指標にまでヒヤヒヤしないといけない。もともと私は相場の変化にもまわりの環境の変化にも敏感に反応してしまうタイプです。だから、余計エネルギーをすり減らしました。性格からして、気が小さくてとても相場で生き残ることが難しい性質を持っている自分なのに何とか3年間FXを続けることが出来ています。

これは自分で奇跡だと思うし、そんな自分を変えようとしてきた努力が大きい。どんなことをしてきたのか?悪い相場はできるだけ見ないようにする。気落ちしそうになったら、無理にでもいい相場の到来を思い描く。大好きなティータイムの時間を作り、ボーッとする。言葉の力や歌の力に励まされる。可愛い動物を見て癒される。自分の気持ちを切りかえ、他のものからのパワーを積極的に利用することで何とか立ち直ることが出来ています。それで何とか続いています。これからも続けられるように努力します。

標準

FXの口座開設において求められる条件について

By: GotCredit

FXはリスクをともなう投資行為ですから、厳密に言うと誰でも証券会社で口座開設できるというわけでは決してないです。総収入、総資産、投資経験などをもとに審査され、その結果FXをするのに不適格と判断されてしまえば、口座開設をすることはできないです。

仮に無職で無収入、特に資産もなくて投資経験もまったくなかったら、口座開設は難しいです。そういうバックボーンの人がFXをきちんと始められるのかどうかもわかりませんし、たとえ始めたとしてもすぐにロスカットされてしまいそうです。そうなったとき、お金が無一文になって生活することもままならなければ困ってしまいます。そうした先が見えている場合は、最初から口座開設させないほうがその人を守ることができます。

ただし、そこまで極端な例はかなり稀です。仮に無職であったとしても資産があって投資経験があれば口座開設できるところは少なくないですし、定職は何も正社員に限ったことではありません。月収が10万円ちょっとアルバイト暮らしでも年収が100万円を超えていればOKな場合もありますし、要は収入源がそれなりにしっかりとしていれば審査がそこまで厳しくなることはそうそうないです。

審査というとクレジットカードの新規作成、キャッシングやカードローンなどをイメージするかもしれませんが、それらに比べればその審査はかなり緩いと見通していて良いということです。

また、その基準は証券会社によっても違いますから、たとえ1つのところで審査に通らなかったとしても、他をあたってみたら大丈夫だったということもあります。自己申告した収入状況について詳しく調べられるということもほぼないですし、少しでも収入があるならばそれを正直に書いておけば審査に通って口座開設できるはずです。それができれば晴れてFXをスタートさせることができますので、最初から「無理かな」と決めつけるのではなく、FXの口座開設に取り組んでみてはいかがでしょうか?

標準

お盆のときは取引しないほうが気持ちよく過ごせる

By: Tax Credits

もう少し待っていればお盆が近づいてきます。テレビでは連日の猛暑に対する報道が集中しているけど、日付を見るとお盆がもうすぐやってくるんだと実感。相場のあまり値幅のない動きを見ると、もうお盆モードに入ったんだなぁと感じます。レートの点滅具合から、どれだけ取引が盛んにおこなわれているのかという相場の勢いを測ることができます。大人しいときは取引したがっていない証拠ですね。こんなときでも相場と向き合う人もいるでしょう。

だけど、お盆は大切な日なので、そんなときこそゆっくりしたいと多くの人は考えるはずです。私もお盆はポジションを持つ予定はありません。楽しくワイワイ過ごしたいので、持ってしまうと行方が気になってしまいます。せっかくの楽しい日がそうではなくなってしまう可能性が高い。それは、もったいない。みんなが同じことを考えているから動かない相場になるのです。そんな動かない相場は、はっきりと申しあげておきますが、方向感は当然ながらありません。

チャートを開いて売り、買い、どちらの力が強いのか判断してポジションを持ったとしても、勢いがないため、長時間のポジション保有を余儀なくされるでしょう。あまり長くポジションを持ちたくない人にとっては苦痛の時間です。トレードは大事な資金をかけて行なうものですから、緊張感が伴うものです。決して楽なことではありません。そんなトレードがこのような相場だといっそう苦しく感じてしまいます。もし、このような相場でトレードして大事な資金が減ってしまうようなことがあれば、誰が見てもわかりやすい相場が来たときにやれなくなる可能性があります。

もし出来たとしても、気持ちよくは出来ないかもしれません。どうしてもやりたい場合、いつもより極端にポジション量を少なくしてやるといいと思います。値動きが大人しくて値幅も少なく、方向感のないときは、好条件がそろった相場とはかけ離れています。勝つためには、好条件がそろったときにやるのが一番です。こんな相場なら大丈夫だと私が思うのは、ある程度の値幅がある。はっきりとわかるチャートになっている。レートの勢いがある。この3つが大切だと感じます。

標準